天井から聞こえる“キャイキャイ”“キィキィ”という音の正体

天井から音

 

先週のこと。深夜トイレに行った夫に、ヒソヒソ声で「ちょっときて~」と呼ばれた。

行ってみるとまたまたヒソヒソ声で「聞いてて!

さらにトイレの天井の方を指さす夫👆👆

しばらく待っていると“キャイキャイ”“キィキィ”といった鳴き声みたいな音と何かがカサカサと動くような音が・・・。

エッ??!! (((;꒪ꈊ꒪;)))
 

夫曰く、多分コウモリではないか、と。

動物は好きなので同居するというのも吝かではないのだけど、グーグル先生に聞いてみたところ、フンの被害が深刻らしくて、、、。(ニオイや汚れ、ノミやダニなどの寄生虫、そこから病原菌に感染する可能性などなど)そうなると共存なんてことは言ってられなくなる💧💧

ただコウモリは「鳥獣保護管理法」という法律で守られていて、許可なく捕獲・殺傷することが禁止されているため、自分で駆除とかするのは難しいっぽかった。
 
 
 

そして翌朝。

一応、トイレの換気扇に繋がる換気口を確認してみると・・・

コウモリ  コウモリ

本当にいやがった~~!!!。゚(゚ˊωˋ゚)゚。

しかもしっかり出入りしておる~~。゚(゚ˊωˋ゚)゚。

気のせいであって欲しかったのに~。゚(゚ˊωˋ゚)゚。
 
 
 

というわけで、とりあえず管理会社に連絡。

以前は管理会社がMASTだったから何かあった時は365日24時間受付してくれてたけど、途中で変わった今の管理会社は多分それほど大きくないとこっぽくて、受付時間が限られている。

もしかしたらトラブル対応もMASTほどはやってくれないのかな~なんて思っていたら、あっさりお盆明けには業者が来てくれるという話になった。(最悪自費でやる覚悟でいたからありがたい)

ただ気になったのが、「勝手に行って勝手に駆除します。その後、換気口の隙間を塞ぎます。必要であれば後日室内に入るかもしれません。」ってとこ。
 

・・・ホントにちゃんとやってくれるのかなぁ(ᅙωᅙ)

コウモリ駆除業者を調べてたら“出入り口を塞ぐ前にしっかりと追い払うことが大切。そのまま塞いでしまうと閉じ込められたコウモリが餓死して異臭やダニが発生する。”なんてことが書かれていた。

ちゃんとみんなを外に逃がしてから隙間を塞いでくれないと困るのに、換気口の方から忌避剤を使ったら奥(換気扇)の方に逃げてこない??

それを室内の換気扇側から確認しなくて大丈夫なの??

疑り深い私はそんな風に思ってしまった。(まぁ思うだけで、実際には言えないんだけど💦)
 
 
 

ところが、先日。

運が良いことに、夕方帰宅した夫と管理会社の人?委託会社の人?がエンカウント!!!

トイレの換気扇の方から忌避剤↓↓↓

(本当にこれを使っていた)

をプシュー&内部を確認、ついでにトイレの隣にあるお風呂の換気扇の方からも忌避剤をプシュー&内部を確認してもらうことができた✨✨
 

換気口塞ぐ

そしてその後、換気口を金網?のようなものでがっちりガード!!

これでもう入ってはこれまい(*¯ ᵕ ¯*)

コウモリには申し訳ないけど、何か被害が出る前に対処できて良かったです♡