映画『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』を観た感想

 

※観ていてあまりにもイライラしたので、言葉遣いが悪いです。
 

一応ネタバレしないように、ざっくりあらすじを書くとこんな感じ。

古代エジプトの王女アマネットが、あることをきっかけに闇堕ち。石棺に封印されてしまいます。
それから時は経ち、現代。中東の戦闘地帯で発見されたその石棺の封印を、主人公が大して何も考えずに解いてしまい、そこからてんやわんや・・・

もうね、トム・クルーズ演じる主人公がクソすぎて、開始わずか数十分で観る気が失せます。

こっちは本気で「押すなよ押すなよ」って言ってるのに、「ダチョウ倶楽部的なアレね!オッケ~」って押してくる輩と一緒です。「空気よめや~!!!」と怒鳴りつけたくなります。

ジョークもおちゃらけも時には必要ですが、空気を読まずにやる奴はただのバカです。

何も考えずに突っ走る。失敗したかにみえたけど運よく助かった~的な主人公にイライラが止まりません。
 

途中から恋愛要素も絡んでくるけど、主人公のどこにそんな魅力があるというのか!!
「それ、ただのつり橋効果でしょ?」っとツッコまずにはいられません。

トム・クルーズの無駄遣いもいいとこです。
危うくトム・クルーズまで嫌いになるとこでした。
 

と、まぁ、感想を書こうとするとほぼ悪口しか出てきません。

どんな映画にもここは良かったって点が1つはあるものですが、この映画にはそれが1つも見当たらない!!
ある意味ですごい作品だと思います。

設定自体は面白そうだっただけに、残念ですね。

こちらの作品は、U-NEXTの無料お試しで観ることができます。
(※2018年2月時点。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。)

ですが、よっぽど暇だとかどんなに駄作なのか確かめたいとかの特別な理由がない限りおすすめはしません。

無料チャンスはお一人様1回までですので、ご利用は計画的に~!