ついに夫の会社も・・・!!

スポンサーリンク



新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない。

2月中旬ごろまでは、マスクして手ピカジェルして人混み避ければ大丈夫かな~くらいの生活だった。

それが2月末北海道が緊急事態宣言、3月に入り全国で学校が一斉休校、そしてオリンピック延期が決定してからの怒涛の感染者数の増加・・・。もう誰が感染しててもおかしくない状況になってきた。

日々いろいろな情報を耳にしては夫婦でざわざわしている。
 

⚠⚠不要不急の外出を控える⚠⚠

散々言われていることだけど、今できることはそれしかないと。ここ3週間くらい食品や日用品の買い物以外は外に出ていない。

でもそんな状況でも夫は通常勤務。電車で通勤している。

毎年冬から春にかけてマスクを着けるのが定番だったからマスクのストックがあったこと、妹が手ピカジェルを見かけて買って届けてくれたことが救い。

とは言え、それだってどこまで効果があることだか分からない。
(マスクは感染者が着けるのは有効だけど予防効果はないと言われている)
 

そんななか読んだ記事。
新型コロナの影響で増える“退職代行”…なぜこのタイミング?担当者に聞いてみた
新型コロナで退職代行依頼が増加。感染リスク無視で「出張に行け」と脅され…

これを読んだ時には「えー?!大げさじゃない?」と感じていた。
 

だけど、、、

夫の会社では、都内の感染者数が増加してきてても、普通に業務やら私用で都内に行ってる人が何人もいるらしい。そしてほとんどの人がマスクをしていないとか・・・。

怖すぎる。こっちがいくら気を付けてても、毎日顔を合わせる人がそんなんじゃどうしようもない。

マスクは感染してるかもって人にこそ着けて欲しいのに・・・。

割と早い段階からテレワークになっている企業もいくつかあった。

夫も会社に確認してみたけど、「そもそも一部業務しかテレワーク無理。それもこれから準備しなきゃだから金かかる。だったら緊急事態宣言でたら休業する。(←要約)」と言われたらしい。

(ですよねー!分かってた分かってた!)

会社にとって社員は所詮代わりのいる存在。コロナに感染して重症化しようが、後遺症残ろうが知ったこっちゃない。それを突き付けられた気分だった。

(最悪の場合、死んじゃうのにね・・・。)

だったらできることは限られている。

自分たちの命を守れるのは自分たちしかいない。別に今の会社でなければいけない理由なんてない。

夫と会社を辞めることも考えていこうと話していた。

そしてまずは電車通勤→車通勤に変更。駐車場代は自腹になるが命には代えられない。


 
 
 

そんな矢先、志村けんさんが亡くなった。

新型コロナウイルスに感染し、入院して治療を受けていると報道があって数日後のことだった。

小池都知事が「謹んでお悔やみを申し上げたいと存じます。志村さんといえば、本当にエンターテイナーとして、みんなに楽しみであったり、それから笑いを届けてくださったと感謝したい。最後にですね、悲しみとコロナウイルスの危険性についてですね、しっかりメッセージを皆さんに届けてくださったという、その最後の功績も大変大きいものがあると思っています。」と発言して、一部批判を受けていた。
 

だけど言ってることは間違ってないと思う。

実際、このことをきっかけに夫の会社でも経営陣の意識が変わった気がする。

それから割とすぐ、時短勤務が決定。朝はいつもより一時間遅く出社、帰りは二時間早く退社できるようになった。それでも正社員の場合、給料は変わらないとのこと。

そして車通勤が可能な人の車通勤も認められた。駐車場代も会社が負担してくれるらしい。

さらにマスクの着用も全社員に要請してくれた。

緊急事態宣言が出ておらず、経済活動を完全にストップできない中で、おそらくできる限界のコト。

それをしてくれたと思っている。

ついに会社が動いてくれた!!嬉しい!!感謝!!